Teachers

Principal, Instructor

After seven years studying with San Francisco Taiko Dojo, Kato was a leader of UCLA Kyodo Taiko before moving to Japan to study at Nihon Taiko Dojo and on Hachijo island. He performed professionally with On Ensemble, TAIKOPROJECT, Portland Taiko, and coordinated the 2011 North American Taiko Conference before turning his attention to taiko teaching. Kato is Principal at LATI, where he is dedicated to student success and community building.

加藤雄太
サンフランシスコ太鼓道場で田中誠一氏に7年間の手ほどきを受けた加藤はその 後カリフォルニア大学ロサンジェルス校の学生団体 Kyodo Taiko のリーダーと して活躍する。日本へも渡り東京都、八丈島などで和太鼓の修行に4年間の歳月 を費やす。TAIKOPROJECT、On Ensemble、Portland Taiko 等の和太鼓集団のメン バーとして演奏を重ねて行く末、知識の伝承と教えに目を向ける。LATIの校長を 勤め、生徒の育成と和太鼓を通してのコミュニティー作りに専念する。

Head Teacher, Researcher, Coach

Bergstrom is an accomplished performing artist and enthusiastic taiko teacher. After four years studying taiko at Stanford, Bergstrom spent three years in Japan studying classical Japanese dance, Kabuki shamisen, and ensemble taiko before founding the highly-acclaimed, contemporary taiko group, On Ensemble. As Head Instructor at LATI, Bergstrom is dedicated to research of taiko pedagogy while continuing to compose and choreograph challenging new work.

http://k--b.org

クリストファー・バーグストロム
熟練したアーティストであり、且つ熱心な太鼓の指導者である。
スタンフォード大学で太鼓を4年間学んだのち、日本に渡り3年間を古典芸能であ る日本舞踊、長唄三味線に加え、組太鼓(後に、高く評価されているコンテンポ ラリー太鼓グループ、On Ensemble の礎となる)の修行に費やす。LATIの主任教 師であるバーグストロムは、作曲や振り付けなど、常に新たな試みに挑戦し、演 奏家としても定期的に活動する傍ら、太鼓教授法の研究に打ち込む。

Coach

As a coach at LATI, Baik draws on professional performance experience with Kishin Daiko and now TAIKOPROJECT. She possesses a deep sensitivity for music gained through her work in professional audio recording and the music licensing industry.

ジェン・ベイク
Kishin Daikoや、現在はTAIKOPROJECTの一員として、豊富な演奏経験が あるだけでなく彼女の本職である録音及び音楽ライセンス業界で培われた音楽 に対する強い感受性は、LATIのコーチとして、大いに役立てる。

Instructor, Coach

After playing with UC Irvine's Jodaiko and earning a Master's in education at UCLA, Kanamaru studied with the seminal group, Kinnara Taiko, and performed extensively with TAIKOPROJECT. With considerable experience teaching youth and adults, she coaches a variety of taiko topics and offers private lessons in taiko and xequere (Brazilian, two-hand shaker). She teaches the youngest of our students at LATI.

ユリ・ヨシダ
カリフォルニア大学アーバイン校におけるJodaikoのメンバーとして演奏経験を 積み、UCLAにて教育学専攻修士課程修了。その後カナマルは、独創性に富んだグ ループ Kinnara Taikoで修業、TAIKOPROJECT においては広範囲にわたって演奏 活動を続けてきた。子供にも大人にも教えられる豊富な経験を持つ彼女は、太鼓 の個人レッスンやシェケレ(ブラジルの楽器、両手で持つシェーカー)のレッス ンも提供可能、様々な太鼓についての課題を指導する。

Coach

Masa began his taiko career with UC Irvine's Jodaiko and after graduating became a member of the performing ensemble, Prota. He is a member of Unit One, the ensemble in residence at Asano Taiko US, and an organizing member of Hachijo Aikoukai.

マサの太鼓歴はカリフォルニア大学アーバイン校『Jodaiko』に端を発し、卒業後はパフォーミンググループ『Prota』の一員となる。 現在は浅野太鼓USの結成グループ『Unit One』に所属し、八丈愛好会の設立メンバーである。

Coach

Following four years as a performer and leader with the collegiate group, Stanford Taiko, Wells trained at Kenny Endo's Taiko Center of the Pacific in Hawaii before becoming a performing member of TAIKOPROJECT. Wells is a dedicated researcher of taiko pedagogy and coaches a variety of courses at LATI.

ディビッド・ウェルズ
4年間スタンフォード太鼓で演奏家として、また大学生グループのリーダーとし て過ごした後、ウェルズはTAIKOPROJECT.のメンバーとなる以前、ハワイにある Kenny Endo's Taiko Center of the Pacificで訓練を受ける。ウェルズは太鼓教 授法の熱心な研究者であり、LATIでの様々なコースを指導する。

Instructor, Coach

Formerly a principal drummer of premiere ensemble Amanojaku, Isaku holds a Bachelor of Music from the Berkley College of Music and a Master of Arts from Longy School of Music of Bard College. He is also a two-time National Odaiko (large drum) Champion, becoming the youngest person to win highest honors at the Mt. Fuji Odaiko Contest in 2000, and Hokkaido in 2003. From 2011-2014, Isaku was the resident taiko instructor at Wellesley University and the University of Connecticut, and has held taiko clinics at Berklee, Stanford, Brown, Cornell, the North American Taiko Conference in 2011 and 2015, and the East Coast Taiko Conference from 2011-2015.

太鼓奏者/作曲家として世界的に認知され、幅広い表現形式にて音楽活動を行う。演奏、レコーディング、プロデュースの分野は広範囲にわたる。東京を拠点とする太鼓集団「天邪鬼」の元プリンシパル・ドラマー。ボストンのバークリー音楽大学にてパーカッションおよび作曲を学び、ロンジー音楽院にて修士取得。

2014年までウェルズリー大学及びコネチカット州立大学の和太鼓講師を務める。バークリー音楽院、スタンフォード大学、ブラウン大学、コーネル大学など世界各地でワークショップを開催。国際的な経歴を活かし、海外にて和太鼓講師として活躍。

略歴
幼少の頃より太鼓集団天邪鬼、渡辺洋一に師事、天邪鬼保存会創生期メンバーとなる。
2000年富士山太鼓祭り、2003年室蘭太鼓祭り大太鼓一人打ちコンテスト最優秀賞
2006年より太鼓集団天邪鬼の正メンバーとして活動。
2013年中南米ツアー、カーネギーホール、リンカーンセンターにて演奏
2013年バークリー音楽院卒業
2014年浅野太鼓USに「礼」を楽曲提供
2015年ロンジー音楽院卒業(修士取得)

Isaku Kageyama Website: http://isakukageyama.com
Facebook: https://www.facebook.com/isakukageyama
Twitter: https://twitter.com/isakukageyama
LinkedIn: http://www.linkedin.com/pub/isaku-kageyama/8/881/474/
YouTube: http://www.youtube.com/ikageyama
Soundcloud: https://soundcloud.com/isakukageyama

Kikunori Katada teaches Kabuki Bayashi (percussion of the kabuki ensemble) at LATI.

Instructor

Yeeman Mui (Manman) is a certified Early Childhood Orff Music and Creative Dance Teacher, directing and designing curriculum for a special program of parent/toddler classes at the Institute. She majored in Music from the University of Hong Kong, and has extensive additional training in the Orff approach to music education. When not at Los Angeles Taiko Institute, Mui performs and teaches with the renowned Taiko Center of the Pacific ensemble in Honolulu, Hawaii.

イーマン・ムイは、オルフ音楽研究会の幼児音楽・創作ダンスの認定教師で、親と幼児のための特別プログラムを促進している。 香港大学で音楽を専攻し、幅広い音楽教育に取り組むオルフ研究会でさらなる訓練を受ける。LATI (ロサンゼルス太鼓インスティトュート)不在の時は、ハワイのホノルルで名高い「パシフィック太鼓センター」と共同で演奏及び教育活動に勤しむ。

Instructor

Joe Small is a Los Angeles-based taiko artist who incorporates postmodern choreography and performance art with his taiko. His passion for taiko began at Swarthmore College in 2002 from which he earned a BA in Dance. He subsequently studied with Kenny Endo at Taiko Center of the Pacific, San Jose Taiko, Portland Taiko, and eventually abroad at Tokyo's Tamagawa University. In 2005 he received a Fulbright Fellowship to research taiko drumming and festival culture, followed by a two-year apprenticeship with the world-renowned taiko group, KODO, and performances with Marco Lienhard’s Taikoza. Since 2012, Joe has been the sole non-Japanese member of Fu-Un no Kai, the professional ensemble of Eitetsu Hayashi, and in 2015, was a guest artist for the Sydney-based professional taiko group, TaikOz. Joe recently debuted his first original evening-length concert, Spall Fragments, in Los Angeles and San Francisco, and received his MFA in Dance from UCLA's Department of World Arts and Cultures/Dance.

ジョー・スモールはロサンゼルスを拠点に、ポストモダンの振り付けと太鼓によるパフォーマンスアートを具現化する太鼓アーティストである。彼の太鼓にかける情熱は2002年にスワスモア大学で舞踊の学士号を取得した頃から始まった。その後、太平洋太鼓センターでケニー遠藤に師事し、サンノゼ太鼓とポートランド太鼓ではインターンとして、最終的には東京玉川大学に海外留学して研修を重ねた。2005年にはフルブライト奨学金を受け、太鼓と祭り文化について研究。続いて世界的に有名な太鼓グループ『鼓童』での2年間におよぶ修行や、マルコ・リーンハード『太鼓座』との演奏などがある。2012年以来、ジョーは林英哲の太鼓ユニット『英哲風雲の会』の中では唯一人の外国人メンバーである。そして2015年には、シドニー拠点の太鼓グループ『Taik0z』にゲストアーティストとして出演。最近、彼の初となるオリジナル夜間コンサート『Spall Fragments』をロサンゼルスとサンフランシスコで初公開し、また、UCLAの世界芸術文化/舞踊学部で舞踊の修士号を受けた。